人材派遣というビッグマーケットで
「マイナビ」の
存在感を示す

2005年新卒入社

山田 哲也TETSUYA YAMADA

人材派遣事業部 東京統括部
東京営業2部 部長

山田 哲也

派遣営業のやりがい

入社以来、一貫して人材派遣の営業に携わってきました。現在は20人が在籍する部を取りまとめています。営業のやりがいを感じるのは派遣先が本当に採用したい人材を明確化でき、求職者とのマッチングに成功した時。
お客様からの感謝の声と求職者の喜びの声をダブルで聞けた瞬間はまさに営業冥利に尽きます。

人材派遣マーケットでいかに存在感を示すか。
そのための環境づくりに力を入れています。

自らの成功体験を社内に還元する

ある中小企業のお客様のケースでは即戦力となる経験者のオーダーをいただいたのですが、想定される業務をひも解いていった結果、未経験でも成長意欲の高い人材であれば、将来の戦力として期待できると判断し、紹介予定派遣を提案しました。その結果、正社員への採用も決まり、クライアント、スタッフの双方に大変喜んでいただきました。
こうした成功体験を部内のミーティングなどで共有する他、全員の行動量も可視化することで、互いが刺激し合い、自身のスキル・行動量を常に振り返ることができる環境を意識的に作っています。

チャレンジャーとして挑み続ける

求人広告の分野では「マイナビ」ブランドは浸透しつつありますが、人材派遣マーケットではまだまだチャレンジャーの立場。「人材派遣」というビッグマーケットでマイナビワークスがいかに存在感を示すことができるかが今の自分のテーマです。

一日の流れ
1DAY Schedule

  • START
  • 9:15
    出社。メールチェック、派遣先へスタッフ紹介の連絡
  • 10:30
    クライアント①訪問。契約更新の打ち合わせ
  • 13:00
    クライアント②〜③訪問。オーダーのヒヤリング、及びスタッフフォロー
  • 17:00
    帰社。会議で部下の業務の状況確認
  • 18:00
    事務作業やメール対応
  • 19:00
    派遣スタッフへの連絡・状況確認
  • 19:30
    退社。部下と飲みに行く