マイナビワークス。それは生きるうえでの「場」でありたいマイナビワークス。それは生きるうえでの「場」でありたい

代表取締役社長 滝口 裕之

やりがいのある仕事に出会うこと、それは自分の人生を幸せなものにするうえで、とても大切な要素だと思います。仕事とは決して「労働と賃金の交換」ではなく、生きる場であり、リングであり、またときには舞台であるかもしれません。

株式会社マイナビワークスは2016年12月1日、それまで株式会社マイナビの中にあった事業部が、より機動的で躍動感のある人材ビジネスを展開するため、個性あるグループ会社として独立、出発しました。そして約20年間培った総合人材派遣サービス「マイナビスタッフ」に加え、これまで「マイナビクリエイター」「マイナビジョブ20’s」「マイナビ新卒紹介」など独自性ある人材紹介サービスを展開し、さらに無期雇用派遣サービス「マイナビキャリレーション」、クリエイティブ系アウトソーシング事業「マイナビクリエイティブファクトリー」など次々と新事業を展開しています。既存ビジネスの延長線ではなく、日々変わっていく雇用情勢を先取りし、次の手を打つことこそがサバイバルでもあり飛躍のチャンスでもあるからです。

マイナビワークスで働くということは、「人と仕事をつなぐ」ことを仕事にするということです。人生にとって大切な「仕事との出会い」をつくること、それを自分の使命とすることです。それは決して楽なことではなく、ときには泥だらけになり、苦しみ、悩む日々が続くこともあるでしょう。しかし、この仕事は、必ず自分を磨き、そしてその先には、人生の大切なことが必ず見えてくるはずです

マイナビワークスは生きるうえでの「場」そのものでありたいと思います。